AGA治療は病院で診察してもらいましょう?

薄毛・抜け毛にお悩みの方は、まずAGA治療は病院で診察してもらいきちんとした治療薬を処方してもらいましょう。

保険の適用外なので実費となりますが市販薬と比べてはるかに効果があるのでおすすめです。

効果が高いといっても、副作用が怖いという人にはミノキシジルという薬もAGA治療には有効ですから、そちらを使うのも良いでしょう。

ミノキシジルもAGA治療薬として認められているので医学的根拠に基づいた信頼できる薬品です。

ミノキシジルには外用と内服薬がありますが、国内でAGA治療に認可されているのは外用のものだけとなっています。

日本皮膚科学会がAGA治療のガイドラインで認めたプロペシアにはAGA治療に効果的な数少ない薬です。

しかし、いかに優れた薬であっても副作用があるので服用前にどんな副作用が起きるのか知っておきましょう。

プロペシアの副作用で深刻度が高いものといえば肝機能障害ですが肝機能障害の有無は血液検査をすることで調べることができますから使用前後の変化を確認することが大切です。

また、プロペシアは前立腺がんの治療薬でもありますので前立腺がんの検査数値に誤差が生じることもあります。

他には男性でも乳癌を発症したりアレルギー等の発症も危惧されています。

AGA治療には飲み薬のプロペシアやミノキシジルという塗り薬が使われます。

プロペシアをもらうためには病院で指示書や処方箋をもらわないと買う事ができません。

ミノキシジルが配合されている育毛剤は医薬部外品なので薬剤師がいればドラッグストアでも買う事ができます。

ミノキシジルにはミノタブと呼ばれる飲み薬もありますが国内でAGA治療に認可されているのは塗り薬だけです。

ミノキシジルの飲み薬はインターネット個人輸入が可能ですが品質や安全面を考えると決してお勧めすることはできません。

AGAとはどういったものか詳しくご存知ですか?AGAとは男性型脱毛症のことで男性に見られる頭髪が薄くなる症状のことを指します薄毛や脱毛は昔から男性が抱える悩みの1つだったようで巷には数多くの育毛剤が氾濫しています。

最近ようやく医療機関で治療を受けられるようになりましたが保険が使えない自己負担診療になります。

医療費負担は大きいですが、医者の診断でAGA専用の治療薬を処方してくれることで市販薬よりも症状が改善する確率はグンと高くなりました。

しかし、AGA治療とは対処療法にすぎませんので、薬の使用を止めると元の薄毛状態に戻ってしまうのです。

AGA治療は保険適用がない自由診療なので治療費は全て自己負担になります。

内服薬のプロペシアは医師の処方箋が必要なので1回あたり3000円程度の受診料がかかります。

加えて、プロペシア1錠が250円(万有製薬公式価格)しますから1か月(30錠)で7 500円かかるため合計で1か月1万円以上かかる計算になります。

ミノキシジルは市販薬でも配合されていますので薬剤師がいる薬局なら誰でも買う事ができます。

ミノキシジルを5%も配合している育毛剤にはリアップX5がありますがこちらもプロペシアと同じくらい高価な育毛剤です。

AGA治療に効果があると言われている薬品にはプロペシアやミノキシジルと呼ばれる薬があります。

内用薬のプロペシアにはAGAの原因と言われる男性ホルモンの生成を抑制しヘアサイクルの乱れを改善する効果が期待できます。

ミノキシジルは血管を拡大して血行を促進することにより毛乳頭や毛母細胞を活性化させるので発毛を促進する効果があります。

しかし、両方の薬とも発毛剤として開発された薬品というわけではなくもともとプロペシアは前立腺がんの治療薬として、ミノキシジルは高血圧の治療薬として現在も使われています。

どちらの薬にも、薄毛改善効果や発毛促進効果があることが認められたので今ではAGA治療薬としても用いられるようになりました。

ネットでAGA治療について検索してみたところ画像付きの経過報告をしているブログやSNSを見つけることができますよね。

多くの場合で、治療を始めてからから3ヶ月程度で効果が出始めるようで、定期的に写真を公開してくれているので育毛具合がよくわかります。

中には信憑性のほどはいかほど?というようなサイトもありますが経過とともに治療費や薬、体験談などを紹介しているサイトもあるので参考になります。

AGAの治療を開始すると初期脱毛が起こったりするので体験談が記載されていると、これから自分の身に降りかかるかもしれないことなので心強いですね。

AGA治療に関するサイトは、特にアクセス数が多いようでそれだけ薄毛にお悩みの男性が多いという事なのでしょう。

AGAは成人男性に見られる脱毛症なので女性は発症しません。

脱毛の原因は男性ホルモンにあると言われていますので治療薬には男性ホルモンを抑制する薬が使われます。

AGA治療薬としてプロペシアという薬が使われますが、この薬品はDHT(ジヒドロテストステロン)の生成を抑えることで効果が発揮されます。

AGAが原因の脱毛箇所にはDHTが高濃度に存在していてこの成分がヘアサイクルの成長期を短くすると考えられます。

成長期が短いということは髪が十分に成長する前に抜けてしまうということなので細く短い頭髪が増えてしまうことで薄毛が目立つようになってしまうのです。

AGA治療薬として使われるプロペシアは処方箋がなければ買う事が出来ないので通院する必要があります。

市販薬とは異なるのでドラッグストアでは取り扱いがなく保険がきかないので価格が高いことがデメリットでした。

最近ではプロペシアでもジェネリックが販売されるようになり従来と同じ成分で半額以下の薬品も販売されるようになりました。

ジェネリック医薬品とは先発医薬品の発売開始から一定期間の後に開発される薬品で先発医薬品と同じ有効成分を使いますが味や形状を変えることもあります。

先発医薬品で成分の有効性は実証されていますからローコスト化が可能になり、従来の2~5割程度で提供できるのです。

AGA治療で用いられるフィナステリドやプロペシアには初期脱毛と呼ばれる副作用を起こすことがあります。

せっかく髪の毛が生え始めたのに毛が抜けるというのは薬が合っていないのではないかと不安になってしまいますね。

しかし、初期脱毛を発症するという事は薬効がではじめたという事なのでむしろ喜びましょう。

初期脱毛によって抜けた毛はというのは不健康な毛ですのでそれらが抜けた後に健康で丈夫な髪の毛が生えてくる準備が進んでいるということです。

初期脱毛はAGA治療を開始してから1から2ヶ月の間に発症すると言われミノキシジルを使用した場合でもこういった副作用があります。

参考:【AGA遺伝子検査の結果がキターー!!】その内容はいかに?