最近では、殆どのチェーン店系の居酒屋でもワインを扱う店が多くなりましたよね。それだけ気軽にワインを飲めるようになったと言うことですね。(笑顔)しかし、いくら気軽に飲めるようになったとは言え、ワインには必要最低限覚えるべきマナーと言うものがありますよね。せっかくワインを飲むのですから、これらのマナーを覚えておきましょうね。<ワインを飲む時のマナーについて>グラスの持ち方に注意しましょう。ワインとは、温度に敏感なお酒です。ですから、グラスを直接持ってしまうとワインが手の温度で温まってしまいますよね。(汗)そこで注目して欲しいことがあります。そう、ワイングラスの脚が長いと言うのは、ここを持つ事でワインを温めないようにする為だからです。(笑顔)(笑)女性の場合ですとルージュがグラスについてしまう事があります。もしグラスが汚れてしまった場合は、指、ナプキンを使ってさりげなく汚れを取ると良いですね。この時の所作が綺麗だと、とても上品に見えますよ。(笑顔)そして、ワインを語る上で外せないのが、「うんちくの披露」と言うことになります。(笑顔)少しワインの知識をかじると、ついついうんちくを語りたくなると言う人がいます。(笑)しかし、飲み会の場でうんちくを披露するのは、少々マナー違反とも言えます。うんちく自慢は、程ほどにしておきましょうね。(笑顔)これが飲み会において大切となるマナーと言うことになります。そして、気持ちよくワインを飲みましょうね。(笑顔)

関連ページ